スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みたけ道 SMNGA5月研修

山梨における「みたけ道(みたけみち)」というのは、日本百名山の「金峰山」の山岳信仰のルートのことを言います。山宮が山頂横の「五丈岩」の南にあり、そこに登るのに里宮の「金桜神社」にまずお参りして行くというのが正しい金峰山登山でした。金桜神社のあるのが甲府市御岳という地区です。金峰山講中登山の最盛期には神主の家が70件、参詣者の宿泊所が200軒も在ったと言われています。昔のルートは金桜神社から猫坂を通り、黒平集落を経て、御室小屋に泊り山頂を極めるというものでした。

1-IMG_1581.jpg


山梨の地名を考えるときの最も参考になる資料として「甲斐国志」文化11年(1814年)成立の江戸時代の地誌があります。その中に金桜神社に至るみたけ道は9口あると書かれています。(甲斐国志 巻ノ二十 山川部第一 巨摩郡北山筋)吉沢村、塚原村、亀沢村、万力村、西保村、杣口村、穂坂村、江草村、小尾村です。当然現在では麓から歩いて行くということはありません。今回はその江草村からのルートを歩きました。みたけ道としてはすでに廃道になっているので地図読みをしながらの研修となりました。

P5110021.jpg

 甲斐国志は詳細な記述はないので、別な資料の登場です。昭和の初めに活躍した原全教
尾崎喜八に「奥秩父の王子」と言われた人で、昭和10年刊行の「奥秩父・続」にこのルートの記述があり、その文章をベースに山行を進めました。

P5110025.jpg


P5110039_20140513220745d1f.jpg


 限られた時間の中で石仏探査と読図を同時にやると時間がかかります。目標の大峠の手前ではかなりスピードを上げました。大峠でお昼にして慌てて下りました。

P5110049.jpg


P5110046.jpg


というのも原全教の文章に出てくる「萬屋」が集落に残っていて、下調べの時の80歳代の末裔の方にみたけ道の観音建立にまつわるお話を聞く約束になっていたのです。

P5110058.jpg

実際は農作業が忙しくて相手にされずお話も聞くことはできませんでしたが、昭和の始めはそんなに昔ではないぞ、と思いました。

P5110075.jpg

それでも今は廃道になったみたけ道、江草岩の下(えぐさいわのした)ルートでであった石仏の数は全部で12体。一番大きいものは人間以上の大きさで、原全教の地図の中に「地蔵尊」と書かれているものです。因みに、現在の観音峠は「萬屋の発願」の後そう呼ばれるようになったのだそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

SMNGA

Author:SMNGA
SMNGAとは、静岡山岳自然ガイド協会という、主に日本国内の山岳エリアをご案内する、プロのガイド組織です。当会の会員は、公益社団法人 日本山岳ガイド協会の認定ガイド資格を持ち、全国の山々をご案内しています。そんな私たちの活動、山行レポートや、プライベートネタ等、ご紹介してゆきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。